かぶらやグループ

CONTACT

ENTRY

大・短大・専門学校卒採用
高卒採用
中途採用
アルバイト採用

ページナビ

TOP かぶらやの指針
Message 社長メッセージ
Corporate 会社概要
アクセス
沿革
Business 教育・研修制度
店舗一覧
WorkStyle キャリアプラン
Culture 社内行事
社内制度
Recruit 大・短大・専門学校卒採用
高卒採用
中途採用
アルバイト採用

いっしょに、飲食業の常識を変えよう。

お店や会社は、経営者のためにあるという考え方が、飲食業ではまだまだ根強いんです。従業員の労働力が、経営者のために消費されている構図がある。そうではなく、従業員みんなが幸せにならなければいけない。一人ひとりの幸せをいかに膨らますことができるか、いかに身になることをしてあげられるか、それがぼくの仕事だと思っています。

たとえばウチはガラス張りの経営で、全部の数字を社員全員に開示しています。将来独立して自分の店を持ちたいという人に、数字から何をを得て、どう次のアクションにつなげていくかを見せて、役立ててもらいたいんです。いろんな業態の店をオープンさせるのも、ゼロから店の立ち上げを経験して、それを財産にしてもらいたい、というのがあります。

また年長者の雇用のあり方を常に考え、終身雇用を重視しています。他の業界では、終身雇用の考え方は薄れてきていますが、飲食は定年まで働きつづけること自体が難しい、そのくらい遅れているんです。ウチが展開する店の中に、落ち着いた雰囲気で、丁寧な料理できっちりと接客をするタイプの店があれば、年長者がそれまでの経験を活かして働きやすい。そんなことを考えて、出店計画を立てることもあります。セントラルキッチンをつくった理由のひとつも、そこです。短時間だけ働くとか、週に何日だけ働くとか、フレキシブルな働き方をしてもらる。実際ウチには、そういう働き方をしている人が既にいます。

労働環境や福利厚生も、この業界ではあまり整備されていないことが多い。みんなで、そういう飲食業の当たり前を変えていきたいんです。ウチもさまざまな取り組みをしているけれども、まだ変えなければいけないことだらけです。だから社員には「いい会社に入った」なんて思ってほしくない。自分で動いて、周りを動かして、自分たちの手でいい会社を創っていってもらいたいんです。いっしょに苦労して、そしていつかみんなで「いい会社を創った」と思える日を迎えたい。その瞬間がくるのを、ぼくは待っているんです。

株式会社かぶらやグループ 代表取締役 岡田憲征

PAGE TOP